↓借金解決の診断チェックをしてみる!↓ 街角法律相談所

2018年12月31日

借金は繰り返す!




500万円.jpg


✖このお金がもし借金だったら・・・✖


g_hasann_yearbig1.gif

(出典|自己破産の知識)


※年々自己破産件数は減少していますが、

その理由は「任意整理の方がメリットが大きい」「借金苦の情報が世間的に広がった」「景気が良くなった?」「貸金業者が減った」のが要因です。


8e2a743e2033025836a9243539e6c133 5.png

(出典|2018 はじめてキャッシング)



多重債務経験のある方へ〜


借金完済!

自己破産で借金がチャラになった!


しかし、安心しないでください!


再び多重債務に陥る危険性があります!


 『人生には2度の破産の危機がある』

とか、いいますが・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

普通のサラリーマンでも赤字に転落するケースがある。1度目は大学進学など子供の教育費がかさむ時期だが、そこを乗り越えたとしても、まだ安心はできない。サラリーマン家計に潜む危険ポイントについて、「家計の見直し相談センター」「やっぱりサラリーマンは2度破産する (朝日新書)」の藤川太氏が解説する。


* * *

1度目の危機はどうにか乗り越えたとしよう。しかし、それでは終わらない。2度目の危機は、ようやくホッとできるはずの「定年退職後」にやってくる。


頼みの年金(老齢厚生年金)の支給開始年齢が段階的に繰り下げられ、男性は昭和36年4月2日以降、女性は昭和41年4月2日以降に生まれた人は、65歳にならないとまったくもらえない。60歳で定年退職を迎えると65歳までの5年間は年金が支給されない空白期間が生じるのだ。


現在39歳で年収600万円のサラリーマンA氏がいたとして、幸いにも65歳まで継続雇用されたとしよう。それでも継続雇用時の月収は現役時より下がり、15万円といったところ。退職金は1500万円入り収入は一時的に急増するが、収入が支出を上回ることはなく、あとは預貯金を食いつぶしていくしかない。


総務省の家計調査(2010年)によると、退職後の世帯は平均で毎月4万円余りを貯蓄から取り崩しているとされる。つまり、定年退職後は年金をもらってもそれを上回る支出があり、恒常的に赤字が続いていくのが平均的姿なのである。


A氏の場合、退職金で住宅ローンを一括返済することはせず、老後資金のために少しでも手元に置いておこうと考えたが、それでも67歳で預貯金は底をつく。そして残念ながら、A氏の老後は年を重ねるにつれ、赤字が雪だるま式に膨らんでいくだけになってしまうのだ。


これは何も、A氏に限った話ではない。あなたの家計もこのような状況にいつ陥るかもしれないのである。


サラリーマンが自分たちの老後資金を貯めるためには、子育てに追われる間はなかなか難しいのが実状だ。そうである以上、教育費などがかからなくなる子どもの独立後から定年退職するまでの間に何ができるか。それが勝負の分かれ目といえるだろう。


※『サラリーマンのための安心税金読本』(小学館)より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私はその2度を経験しました。



ちなみに、

借金壁のある方は中々直りません。


借金⇒借りて返済⇒また借金⇒また借りて返済

その繰り返し・・・


そして事態は深刻。

最悪の状態に陥ってしまう…


行き詰まり、

ニッチもサッチも行かない。


どうしようもなくなり、

勇気をだして親に相談をする。


そして、

親に溜まりに溜まった借金を弁済してもらう。


しかし、

安堵したのもつかの間。


ほとぼりが冷めたころで、また借金。


またまた、借りては返済の繰り返し。


そこで、

また勇気を振り絞って親に相談をする。


そして、再び、

溜まりに溜まった借金を弁済してもらう。


ここで深い反省をしたのだが・・・


しかし、しかし、

反省をしたはずが、

なぜかまた借金をしてしまう。


でも、もう親に相談をしても、

耳は貸して貰っても弁済するお金がありません。


結局、

出した答えが自己破産!


その後は、

さすがに、もう借金はしませんでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・これが1回目です。


原因は、

生活費が足りなくて借金をしたのが始まりです。


その後は雪だるまみたいに、

どんどんと借金が膨らみ約1,000万円に至ったのです。


それから15年位は順調でした。


ブラックリストも、

リスト外になりましたので

また新たにクレジットカードも作りました。


しかし2度目です!


それは・・・


サラリーマンから独立をしたのですが、

考えが甘すぎて大失敗をしました。


そして、

その独立の失敗による借金が約600万円になり、

住宅だけは手放さず残す方法の個人再生をしたのです。



自営というのは、

収入が不安定なので、

借金返済、税金、光熱費はおろか、

毎日の生活費さえもままになりません。


そんな状況の毎日でした……


しかも、

妻にも多額の借金を被せました。


結局、生活難の為、

離婚をして家も売却しました。


今は家族と離れて一人暮らしです。


結果としては妻も自己破産。


私は個人再生の支払いも出来ずに

2年以上経過してしまい、

固定資産税や自動車税等も滞納のままでした。


そして結局は2度目の破産です…。



このブログは、

ほとんど私自身のつぶやきですが…


私を反面教師として、

少しでも同じ境遇の方に

お役に立てればと思っています。



<借金解決の診断をチェックしてみる!>

    ↓

街角法律相談所




style="display:inline-block;width:250px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-5297207743821912"
data-ad-slot="7920860466">

posted by 金無蔵 at 04:23| Comment(9) | 【2度の破産】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

老後破産って?

最近、老後破産って言葉を耳にしますが、
他人事ではないですね。

ネットで調べてみましたが、
例えば神奈川県の自宅で6年前に妻を亡くして
一人暮らしをしているという71才の男性の方。

この方は大学を出て食品メーカーに38年間勤務し、
60歳で退職した当時の貯金は、
退職金もあわせて約3200万円。

だが現在は貯金の底をついて
月約14万円の年金暮らしをしているという。

その原因は何かというと、
定年後、妻に進行した乳がんが見つかり、
病院を転々とし、最新の放射線治療、漢方や健康食品など何でも試し、

自力で歩けなくなってからは、
300万円の車椅子を乗せられるワゴン車の購入や
がんに効くと言われる温泉にも連れて行ったらしいです。

しかし、
結局、闘病の末に亡くなってしまったというのですが、

妻にがん保険が入っていなかったので、
3200万円という貯金は闘病のために、
6年間であっという間になくなってしまったらしいのです。

ホント、人生なにがあるのか分かりませんよね。

定年後に3200万円という貯金があれば
普通は安泰と思うじゃないですか。

この方の場合は、
万が一のために奥さんにがん保険を
かけていれば良かったんでしょうけど…。

可愛そうですね、
一生懸命、頑張ってきたのに。


これは一例ですが、
今の若い人達はホントに大変だと思います。

今から一生懸命頑張って貯金をしても、
果たして年金はいくらもらえるのか?

今の私自身も大変ですが、
子供たちが老後を迎えたときは
どうなっているんだろうかと。

こんな世の中ですから、
借金なんてご法度です。

もし多重債務で苦しんでいるのなら、
プライドを捨てても自己破産をするべきだと思います。

もう一度、人生をやり直せばいんですよ。

生意気ですがそう思います。



<借金解決の診断をチェックしてみる!>
    ↓
街角法律相談所




posted by 金無蔵 at 01:50| 東京 ☁| Comment(0) | 【自己破産】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

先日融資のハガキが届きました。

先日融資のハガキが届きました。
「パステル」という名古屋市の金融屋です。

破産者の名簿を調べて送ってくるんでしょうね…

ネットで調べてみたところ、
どうやら闇金で本社が東京のアイシンサービス株式会社のようですね。

内訳は・・・

『◆こんな悩みはパステルが解決致します。
・お金は借りたいけど内緒にしたい。
・金融・ブラックで審査が通らない。
・給料日まで生活費が足りない。』
です。

当然、私は融資を受けるつもりはありませんが、
以前、借金を繰り返していた癖がまだ残っているせいか、
少し心が「グラッ」ときましたね。

これはヤバイ!です。

もう2度とお金を借りるつもりもありませんし、
ローンだって組むつもりもありません。

しかし、
融資の勧誘を受けると少し心が動揺してしまいます。

覚醒剤患者に例えると…
「オレはもう2度と覚醒剤なんか使用しない!」

と心に誓っても目の前に覚醒剤を見せつけられたら
ついつい手を出したくなる。

これと同じような心境ですね。
これは命取りですよ。

私は闇金から借りたことはありませんが、
例えば …

「25万円の申込みをしたところ、
信用をつけるために1万5千円振込むので、
1週間後に4万円返金するように言われた。」

とか、あるみたいですね。

なにしろ多重債務の経験がある人は、
借金壁が残っていますので、
借金が解決しても強い気持ちを忘れないようにした方がいいですね。

気をつけましょう!


最後に話は変わりますが、
タレントの泰葉さんが自己破産をしたようです。

以下です↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
タレントの泰葉(57歳)が2月19日、公式ブログを更新し、自己破産したことを発表した。

19日付けのエントリー「自己破産になりました」では、
まず、「ご心配をおかけしています ここ数日頑張りましたが
DVDが数十枚しか売れず 自己破産になりました」と報告。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<匿名で借金解決の診断を無料でチェックしてみる!>
    ↓
街角法律相談所





posted by 金無蔵 at 08:40| 東京 ☀| Comment(0) | 【借金問題】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

奨学金破産って・・・?

国の奨学金を返せず自己破産する「奨学金破産」が、
借りた本人だけでなく親族にも広がっているという。

機構などによると、
奨学金にからむ自己破産は16年度までの5年間で延べ1万5338人。

内訳は本人が8108人(うち保証機関分が475人)で、
連帯保証人と保証人が計7230人です。

国内の自己破産が減る中、
奨学金関連は3千人前後が続いており、
16年度は最多の3451人と5年前より13%増えています。

【奨学金制度を担う日本学生支援機構などが初めて朝日新聞に明らかにした。】

その背景には学費の値上がりや非正規雇用の広がりに加え、
機構が回収を強めた影響もあるという。

本人らに返還を促すよう裁判所に申し立てた件数は、
この5年間で約4万5千件。

16年度は9106件と機構が発足した04年度の44倍になった。

給与の差し押さえなど強制執行に至ったのは16年度に387件で、

ちなみに04年度は1件でした。

猶予制度の利用者は16年度末で延べ10万人ですが、
その期限が切れ始める19年春以降、
返還に困る人が続出する可能性があるといっています。

無担保・無審査で借りた奨学金が重荷となり、
破産の連鎖を招いているのですね。

〜〜〜〜〜引用:朝日新聞社(諸永裕司、阿部峻介)〜〜〜〜〜

このニュースを目にするまでは、
まさか「奨学金破産」をしている人が
こんなににも、たくさんいるとは思いもしませんでした。 

これはひどいですね。
国が悪いと言いたくなります。

私の子供も奨学金を利用していますが、
そもそも大学に進学したいがお金がない…

なので手段として奨学金を利用するわけですが、
これでは子供たちに進学の夢を
あきらめさせるしかありません。

深刻ですね。
何とかならないのでしょうか。

ちなみに奨学金の2016年度の利用者は131万人で、
大学・短大生は2・6人に1人。
(貸与額は約1兆円)

利用金額は成績と収入の要件があり、
1人あたりの平均は無利子(50万人)が237万円、
有利子(81万人)が343万円となっています。

確かに「奨学金破産」の可能性があるくらい高額ですよね。

<匿名で借金解決の診断を無料でチェックしてみる!>
    ↓
街角法律相談所

   



posted by 金無蔵 at 12:11| 東京 ☀| Comment(0) | 【自己破産】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

2度も破産をした者がギャンブルをするなんて不謹慎!

ギャンブル・・・
実は私はやっているのです。

2度も破産をした者がギャンブルをするなんて、
なんて不謹慎な奴だ!!

大体、債権者に申し訳ないだろ!
お世話になった弁護士さんもあきれるだろ!

そう思いますよね。

ですが、あえて言います。
それは競馬です。

「ウイン5」という
中央競馬会が用意された5レースの単勝を
当てるのです。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
これは100円からできます。

100円が当たれば、
何百万円、時には1千万、2千万円となります。

一獲千金を、
たったの100円で楽しむことができるのです。

これぐらいなら2度も破産をした者でも
許されるのではないでしょうか?

しかも週1回だけです。
他のギャンブルは一切やりません。

パチンコは何千円、何万円とかかるでしょうし、
ジャンボ宝くじも買おうと思えば、
結局10枚で3000円かかります。

そんな余裕はありませんし、
当たるとも思えません。

お金をドブに捨てるようなもんだと
私はそう思っていますね。

でも、競馬の「ウイン5」は
たったの100円で一獲千金の夢を買うことができます。

もちろん当たるわけがありませんよ、
一人暮らしですから
もうヒマにまかせて2年位やってますが。。

ホント、万が一の夢を見てるだけで、、
でも、本音は当てたいですよね。

いつかはゲット!という…

まあ〜
この位のギャンブルは2度も破産をした者でも
許してほしいですね。

かわいいもんじゃないでしょうか。

ちなみに宝くじで億の金をゲットした人って、
7割位は不幸に陥ってるそうですね。

アメリカでも、
何十億円の宝くじをゲットした日から
2週間後になくなったとか…

なぜでしょうね。

そう考えると、
競馬の「ウイン5」も外れて正解なのかな。

長生きしたいですから…

まっ、こんな私でも、
万が一ゲットしたら報告しますね。

<匿名で借金解決の診断を無料でチェックしてみる!>
    ↓
街角法律相談所





posted by 金無蔵 at 05:38| 東京 ☁| Comment(0) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
↓借金解決の診断をチャックしてみる!↓ 街角法律相談所