2019年12月31日

借金は繰り返す!




500万円.jpg


✖このお金がもし借金だったら・・・✖


g_hasann_yearbig1.gif

(出典|自己破産の知識)


※年々自己破産件数は減少していますが、

その理由は「任意整理の方がメリットが大きい」「借金苦の情報が世間的に広がった」「景気が良くなった?」「貸金業者が減った」のが要因です。


8e2a743e2033025836a9243539e6c133 5.png

(出典|2018 はじめてキャッシング)



多重債務経験のある方へ〜


借金完済!

自己破産で借金がチャラになった!


しかし、安心しないでください!


再び多重債務に陥る危険性があります!


 『人生には2度の破産の危機がある』

とか、いいますが・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

普通のサラリーマンでも赤字に転落するケースがある。1度目は大学進学など子供の教育費がかさむ時期だが、そこを乗り越えたとしても、まだ安心はできない。サラリーマン家計に潜む危険ポイントについて、「家計の見直し相談センター」「やっぱりサラリーマンは2度破産する (朝日新書)」の藤川太氏が解説する。


* * *

1度目の危機はどうにか乗り越えたとしよう。しかし、それでは終わらない。2度目の危機は、ようやくホッとできるはずの「定年退職後」にやってくる。


頼みの年金(老齢厚生年金)の支給開始年齢が段階的に繰り下げられ、男性は昭和36年4月2日以降、女性は昭和41年4月2日以降に生まれた人は、65歳にならないとまったくもらえない。60歳で定年退職を迎えると65歳までの5年間は年金が支給されない空白期間が生じるのだ。


現在39歳で年収600万円のサラリーマンA氏がいたとして、幸いにも65歳まで継続雇用されたとしよう。それでも継続雇用時の月収は現役時より下がり、15万円といったところ。退職金は1500万円入り収入は一時的に急増するが、収入が支出を上回ることはなく、あとは預貯金を食いつぶしていくしかない。


総務省の家計調査(2010年)によると、退職後の世帯は平均で毎月4万円余りを貯蓄から取り崩しているとされる。つまり、定年退職後は年金をもらってもそれを上回る支出があり、恒常的に赤字が続いていくのが平均的姿なのである。


A氏の場合、退職金で住宅ローンを一括返済することはせず、老後資金のために少しでも手元に置いておこうと考えたが、それでも67歳で預貯金は底をつく。そして残念ながら、A氏の老後は年を重ねるにつれ、赤字が雪だるま式に膨らんでいくだけになってしまうのだ。


これは何も、A氏に限った話ではない。あなたの家計もこのような状況にいつ陥るかもしれないのである。


サラリーマンが自分たちの老後資金を貯めるためには、子育てに追われる間はなかなか難しいのが実状だ。そうである以上、教育費などがかからなくなる子どもの独立後から定年退職するまでの間に何ができるか。それが勝負の分かれ目といえるだろう。


※『サラリーマンのための安心税金読本』(小学館)より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私はその2度を経験しました。



ちなみに、

借金壁のある方は中々直りません。


借金⇒借りて返済⇒また借金⇒また借りて返済

その繰り返し・・・


そして事態は深刻。

最悪の状態に陥ってしまう…


行き詰まり、

ニッチもサッチも行かない。


どうしようもなくなり、

勇気をだして親に相談をする。


そして、

親に溜まりに溜まった借金を弁済してもらう。


しかし、

安堵したのもつかの間。


ほとぼりが冷めたころで、また借金。


またまた、借りては返済の繰り返し。


そこで、

また勇気を振り絞って親に相談をする。


そして、再び、

溜まりに溜まった借金を弁済してもらう。


ここで深い反省をしたのだが・・・


しかし、しかし、

反省をしたはずが、

なぜかまた借金をしてしまう。


でも、もう親に相談をしても、

耳は貸して貰っても弁済するお金がありません。


結局、

出した答えが自己破産!


その後は、

さすがに、もう借金はしませんでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・これが1回目です。


原因は、

生活費が足りなくて借金をしたのが始まりです。


その後は雪だるまみたいに、

どんどんと借金が膨らみ約1,000万円に至ったのです。


それから15年位は順調でした。


ブラックリストも、

リスト外になりましたので

また新たにクレジットカードも作りました。


しかし2度目です!


それは・・・


サラリーマンから独立をしたのですが、

考えが甘すぎて大失敗をしました。


そして、

その独立の失敗による借金が約600万円になり、

住宅だけは手放さず残す方法の個人再生をしたのです。



自営というのは、

収入が不安定なので、

借金返済、税金、光熱費はおろか、

毎日の生活費さえもままになりません。


そんな状況の毎日でした……


しかも、

妻にも多額の借金を被せました。


結局、生活難の為、

離婚をして家も売却しました。


今は家族と離れて一人暮らしです。


結果としては妻も自己破産。


私は個人再生の支払いも出来ずに

2年以上経過してしまい、

固定資産税や自動車税等も滞納のままでした。


そして結局は2度目の破産です…。



このブログは、

ほとんど私自身のつぶやきですが…


私を反面教師として、

少しでも同じ境遇の方に

お役に立てればと思っています。


名村法律事務所






posted by 金無蔵 at 04:23| Comment(11) | 【2度の破産】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

またまた節約志向が強いられて大変ですね・・・

各食品メーカーが続々と値上げを発表していますね。

6月1日あたりからですが、
カップ麺、即席袋麺等々が5~30円位。

小麦粉などの原材料費や物流費が
上昇しているのが理由だそうです。

こればかりではないですよね…
忘れましたけど色々な食品が軒並みに上がり始めています。

おまけに10月1日になれば消費税が2%アップの10%に。

我々庶民の財布の中身が益々圧迫されてきます。

大企業で働かれてる方々は、
ベアが3000円とかアップされますからいいですけど、、

大半の方々は中小企業ですから
そう簡単にはアップは見込まれないと思います。

より一層の緊縮財政が強いられますよね。

光熱費とか色々な節約をさらにしなければ生活ができませんよ。

そんな中でも一番節約しやすのは食生活でしょうか?

当然、外食を減らしたり、控えたり・・・

ちなみに私は外食は一切していませんが。

というより、する余裕はありません。

今は食費が1カ月10,000円でやってます。

でも、一人暮らしですからできますね。

業務スーパーとかドン・キホーテとかで買い物をすれば、
結構節約できます。安いですよ。

お酒を飲めばもっと膨らみますけど・・・

一番無駄と思うのは携帯代ですね。

先月は12,000円の請求がきました。

私はほとんど電話はしませんけど、
メールで写メを何度も送信すると
とんでもない金額の請求がくるのです。

スマホの場合は違うと思うのですが、
私の場合はガラケーなのでね。

食費を上回ったのですから
今後は気を付けています。

勿体ないですからね。

あと暖房費も安いオイルヒーターとコタツだけで、
エアコンは使ってません。

どんなに寒くてもガマンしてます。

こんなところじゃないですか?
節約できるところは。

車も自転車のないですし・・・

当然の如く最低線の生活だと思います。

でも、
幸いにして元気で病院に通うことがないですから
まだいいですよ。

医療費はバカにならないですからね。

お金の余裕はないですけど、
健康であればいんじゃないでしょうか?

また。



名村法律事務所


posted by 金無蔵 at 12:44| 東京 ☁| Comment(0) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

税金滞納で給料を差し押さえられる!

しかし、税金の支払いには頭を悩めますね・・・

国民健康保険税と市県民税。

国民健康保険税は月1万円の分割払いでお願いしていますが、
未だ50数万円の滞納金があります。

いつまでたっても減らないのでやめようかと思っていますが、
万が一入院ってことにでもなったらヤバイですしね。

迷っています。

市県民税に至っては今は解決していますが、
実は去年の夏ごろに給料を差し押さえられたのです。

それは分割払いをしていたのですが、
半年くらい支払えずにストップしていたからで。

途中で催促の通知はきたのですが、
返答をせずにそのままにしていたんですね。

そしたら、
なんの予告もなく給料を差し押さえられました。

給料日に銀行へ引き下ろしにいったんですが、
給料の額面通りの金額が入っていないんです。

会社が振り込んでいないのかと疑いましたが、
違っていました。

全額ではなかったですが、
差し押さえ分を引いた金額は残っていました。

でも、そんな数万円では生活ができません。

さすがに頭にきて市役所に電話をして怒鳴りましたね。

「なんで、予告もなしに勝手に差し押さえるんだよ!」
「今月の生活はどうすればいんだよ!」

なに言っても無駄でした・・・

引かれたものは戻りませんし、
どうにもなりません。

最低のひもじい生活を余儀なくされました。

市役所の担当者が言うには、
「予告をして差し押さえをするのでは
差し押さえになりません」との事。

銀行が開店する9時前にコンビニ等のATMで
先に引き出しておくしか手はないようです。

何はともあれ今は市県民税の滞納はありません。

でも国民健康保険税がね〜

これがハンパないです。

やっぱり、やめるしかないのかな・・・



名村法律事務所


posted by 金無蔵 at 12:38| 東京 ☁| Comment(0) | 給料の差し押さえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

全国の自殺者2万598人について思う・・・

警察庁の発表によりますと、
昨年1年間の全国の自殺者は前年より723人少ない2万598人でした。
そして9年連続減少です。

でも全国の交通事故者数3,532人と比較しますと6倍近い数字になってしまいます。

1日平均にしますと56人以上が自殺しているわけですから
毎日、都道府県で1人以上の方が自殺で亡くなっていることになります。

また自殺率でも先進国(G7)の中ではダントツに高いらしいですね。

しかも中身をみてみると、
ここ2年では連続して19歳以下の若者が増えているという。

これは問題ですね。

しかし、
自殺する人のほとんどは本当は死にたくないらしいです。

生活の困窮で借金を抱えて家族間に不和が生じ、
やむなく死を選んでしまう。

または自身の健康問題や介護に疲れ果てた…など色々な原因があると思いますが、
本当は生きていたいのです。

でも、
問題を抱え込んでしまい、どうしても生きているのが辛い…
生きたくない…という状況に陥るのだそうです。

ですから、
このような人たちが生死の岐路に立った時に、
問題を解決してあげれば、
おそらくほとんどの人たちは生きる道を選ぶと思います。

私も身近に、
仕事がなく生活に困窮して自殺を選んでしまった人が2人います。

本当に残念で辛いですよね・・・

でも逆に、
借金を抱えて自殺を考えていた人に、
生きる道を選ばせたひとも1人います。

それはこの私のブログで、です。

死ぬことに比べたら自己破産なんてちっぽけなことなんです。
それを言ってあげたら自殺を思いとどまりました。

そして感謝の言葉もいただきました。

確かに自己破産をすることは非常に勇気がいることです。
でも、借金問題で自殺するよりはいいと思います。

もし今、
借金問題で悩み自殺を考えているような人がいましたら、
どうか、思いとどまってください!

よろしくお願いいたします。


名村法律事務所



posted by 金無蔵 at 12:25| 東京 ☀| Comment(0) | 【自己破産】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

2018年10月までの自己破産件数を調べてみた!

破産.gif

上記の表の通り2018年10月までの自己破産件数ですが、
このままの流れをみますと2018年は2017年を上回りそうですね。

2016年は前年比0.32%の増加、
2017年はペースがあがり前年比6.09%の増加。

そして2018年も増加に陥りそうですので
3年連続の増加ということになりそうですね。

2003年〜2015年までは減少していたのが、
また増加傾向になりました。

その増加原因の一つは銀行が個人に、
消費者金融と同様の高金利で借り入れに力をいれたことではないでしょうか。

現在は消費者金融、クレジット会社などから借り入れる場合は
総量規制以内の借入額(年収の3分の1が上限)です。
なので、多重債務に陥りにくのです。

ところが現在の銀行ではカードローンなどで
総量規制に縛られず借りいれできます。

これが原因して破産者が増加しているようです。

銀行も今は生き残りに必死ですからね。

しかし昨今、
大企業は例外としてほとんどの中小企業は
給料が上がりません。

そのうえ物価が上がるし、
おまけに消費税が10%に上がるとなれば余裕ができないのは当然です。

高齢者が70才まで働けるのはいいことですが、
裏を返せば生涯現役でなければ
生活ができないのではないでしょうか。

ましてや、今の若者のほとんどが高齢者になるころには
どうなるんでしょうか。

個人的な考えですが不安ですね。

自己破産者が増加してもしょうがないような気がします。
それでも、命を絶つことだけは避けていただきたいですね。





名村法律事務所


posted by 金無蔵 at 13:26| 東京 ☀| Comment(0) | 【自己破産】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする