2011年03月19日

【被災地居住です。】

実は私の居住地は今回起きた『東日本大地震』の、とある被災地です・・・。

ですが海岸から少し距離のある所なので、津波の影響を受ける事もなく
停電程度の被害で済んだ。

停電中の我が家は暖房が一切取れなくて寒く、電話、携帯も通じなく
情報はラジオのみで他の被害状況がよくわからなく不安だった・・・。
だが、ローソクで灯を灯し食事も卓上のコンロで作る事が出来たし、
断水もなかったので何とか過ごすことが出来た。

その停電も2〜3日で復旧し、普通の生活に戻る事ができたので不幸中の幸いだ。

その後、テレビで全域の被害状況を見ることができたが、皆さん同様唖然とした。

知人の話によると、仙台市若林区では遺体があちこちにゴロゴロと転がっていた
そうです。
また、遺体の数が半端じゃないので収容場所を確保できなくて、内陸の方まで
運んでいるそうです。



被害地域の半分位は私が仕事で歩いて知っている街なので、各街の壊滅には只々
ショックと大地震前の光景を思い浮かべては、懐かしく切ない気持ちになって
しまうが、、、

そんな事よりも、私の知人4〜5人が未だ安否不明で毎日心配している。

まだ一縷の望みは捨ててはいないが、さすがに大地震発生後8日経過しているので、
最悪の事は覚悟しなければならないと思っている。

なんでオレみたいな“馬鹿野郎”が生きていて、真面目で良い人が最悪の事態に
陥らなければならないのか?運命を感じる・・・。

私は借金だらけだが、私の友人が言っていた「生きてさえいれば何とかなる!」
この言葉通りだと思う。生きてさえいれば・・・


現実は大地震以前よりも悪化してしまっている。

第一、この地震の影響でガソリンが僅かしか給油できないし、営業するにも
もう少し時間が必要だ。
なので今は致し方なく休業中・・・情けない。

来月から決まっていたバイトも問い合わせたところ、この大地震により延期
または中止になる模様。

それでも、まだ家族全員が元気で生きているのだから贅沢は言えない。

何とかなるだろう・・・。


追伸、

この大地震の為か、妻の借金の督促の電話がストップした。
『鬼の目にも涙』か、来週になればまた電話が来ると思うが
さすがに被災地居住者には遠慮しているようだ。

あなたの借金の悩みを解放する…




posted by 金無蔵 at 11:43| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

【正々堂々と】

正々堂々借金と闘う・・・!

妻に破産はさせない!

目先のお金がないと只々悩み苦しむだけで、頭が回転しなくなり
他の事に全く気が回らなくなっていた。

そして気が弱いので、逃げる事ばかり考えていた。


お金が入った訳でも、目処が立った訳でもなく、相変わらず
その日暮らしの状態が続いていているが、借金と闘う事にした。

月々の借金返済の根拠は全くない・・・

現状の仕事の収入では到底ムリ・・・

しかし、なんとしても稼いで借金返済をする。

「じゃ〜どうやって返済するの?」ともう一人の自分からの声が聞こえる。

「だから根拠は全くない!」


とにかく根拠はないが、気持ちだけは固まった。

気持ちが固まればあとはやるだけだ。

妻の約500万の借金は各クレジット会社1社事と交渉して
月々の返済額を最小額にしてもらい、債務の大きな所だけは
弁護士に依頼をして任意整理をする。

そうする事によって月々の返済額を今の22万位から
8万位までにしようと考え計算中だ。(多分出来る)


私が破産、個人再生をして妻が自己破産じゃ、いくらなんでもやり過ぎ。

神様も許してくれないだろうし、そんな事をしたらその後の人生の方が
もっと「イバラの道」になりそうな気がする。

なので、借金と正々堂々と闘う事にしたのだ。

そう決めたら妻とあまりケンカもする気がなくなってきたし、かえって
力を合わせて頑張って行こうという気持ちになってきている。

これで良いのだろう・・・。

あなたの借金の悩みを解放する…




タグ:正々堂々
posted by 金無蔵 at 14:25| Comment(2) | 借金問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする