2012年10月27日

元妻が自己破産





元妻の自己破産申請が決定しました・・・

あとは免責が決定するのを待つだけです。


住宅を購入するのは怖いですね。ホントに。

2,000万円以上の貯金があったのに、
600万円以上の借金を抱えることになり
自己破産ですから…。

ま、原因の元凶は私がまともな収入を
得ることが出来なかったわけですが。

住宅を購入しなければ、
自己破産まですることはなかったハズ
だと思うからです。

本当に元妻に対しては申し訳がない。

謝っても謝っても、
謝め切れるものではないです。

相当つらい思いをさせたのだと思いますが、
それに全然気づかなかった。

私は
自己中心的なんですね。

これからは生涯に渡って謝罪していきます。

何としても今の収入を2倍、3倍以上にして
その金を全部元妻に上げます。

遅咲きになっても必ず今までの借金は返します。


話は変わりますが、
約1か月前に私の住宅が売れました。

当然、残債が残るわけですが、
まだその連絡がありません。

手続きが色々あり、すぐには出来ないだろうけど
連絡が来るまで不安です。

どっちみち、数百万円の借財が残るわけですから、
自己破産するしかないですが不安です。

「住宅購入=夫婦共々自己破産」

となります。


私はバカ者ですが、住宅購入を考えている人は、
注意をなさってください。

私みたいにならないように…。



posted by 金無蔵 at 19:43| Comment(0) | 自己破産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

命の恩人





いきなりちょっとお聞きしますが、

ネットで知り合った人にあなたは
お金を貸すことが出来ますか?

出来る訳がないでしょう、普通は。

ところがそういった人がいるのです。この日本に。

実はもっと早く紹介したかったのですが、
ご本人の意思というわけではありませんが
公表しない方がいいかと思い
そのまま胸にしまっていました。

ですが、
やはり公表すべきと思い今回書かさせていただきます。

その方とは最近連絡を取っていませんが、
今年の初めに私にカンパをしてくれました。

しかも、2度もです。


金額のことはどうでもいいんです。

でも、あえて言わせていただければ
金額のことは言いたくないですが、
ハッキリ言って申し訳ないですが少額です。

でも、そんな金額のことはどうでもいいんです。

こんな私を助けてくれたということです。

こんな、どうしようもない私をです。

ものすごくありがたかったです。

百円のお金も持っていない私にカンパをしてくれたのです。

お酒代にと。

その通り安酒を買いましたが、
気が引けましたね、さすがに。

その時は本当にお酒が飲みたっかたけど、
当然我が家には酒代はおろか
食費そのものに不自由していましたから
神の助けかなと思いました。

そんなことができますか?

見ず知らずの人にお金を貸すなんて。

しかもネットですよ。

近所の方ではありません。

何百キロも離れている人ですよ。

考えられません。

この世にこんな良い人がいるなんて。

しかし、本当にいるんです。


その方にご連絡します。

まだまだ先の話になりますが、
このご恩は必ずお返ししますので
それまで元気でお過ごして、
お待ちくださいね…。




posted by 金無蔵 at 05:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

返信



下記のコメントをいただきました。
       ↓
『その甘っちょろい考え方が、2度も破産するはめになったんでしょうね。

結局、家族にも見放されて、、、乙としかいいようがありませんが。

金融業者は、まあ言い方悪いですけどこういう屑が貸し倒れるリスクを金利に上乗せしてちゃんと払える人から取ってるので、確かに問題ないっちゃ問題ないですね。

ただ、開き直ってるのが見苦しいというか、ちょっとイラっとするかな、第3者的に。どうしようもねーなw』


【返信】
確かにその通りですから全て受け入れます。

しかし、内心はムカついていますので、
どう思われてもいいですから返信します。

まず最初に、このブログを立ち上げる勇気は
ありませんでした。

でも、ブログを立ち上げることで
少しでも自分自身の気休めになれば…

また、少しでも誰かさんのお役にたてれば…
と思いブログを立ち上げました。

それは物凄く勇気が要りました。

今は開き直っているように
見えるかもしれませんが、
所詮、私は非常に気が小さいです。

ブログの最初の方を見ればわかると思いますが。

実際、「気が小さい」とのコメントも
いただきました。

なので、気が小さいがゆえに
気が大きいように見せかけて
書いている部分も多々あります。

私は、多大な借金を抱えて
ゆっくり眠れるほどの神経は持ち合えていません。

小さな子供に文句を言われても
ビビるくらいです。

正直、借金のことを考えると
背筋がゾッとして死にたくなります。

でも、死ぬ勇気もありません。

これが本音です。

借金をして勉強になったことは
「目先の事だけを考えて一所懸命行動する!」
です。

先のことを考えると不安で不安で
どこかに逃げ出したくなります。

なので、今は目の前の事だけを考えて
仕事でも家事でも何でも一所懸命行動しています。

借金の催促等も来た時に
どうすればいいか考えています。

だから、
開き直っているように見えるのかもしれません。

実際、何年も借金と戦っていると
神経もそれなりに図太くなってくるのかも
知れませんが…。





posted by 金無蔵 at 05:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

借金を恐れることはないです。

焼酎工房20°4ℓ。

を飲みながら記事を書いています。

なので、ほぼ酔っぱらっています。

正直、家族と別れて単身で暮らしていますから
いくらお金に余裕がないとはいえ、
飲まないと人生やってられません。

債権者の方には申し訳ありませんが、
まずは、何があっても生活することです。

支払よりも先に生活費を確保することです。

そうではありませんか?

私はそう思っています。


ところで個人再生の支払いの件ですが、
調べてみたところ
今年に入って一回も支払っていませんでした。

ですから10か月支払っていないわけですが、
その間、電話、督促状による督促は2〜3件です。

督促があった時は
「どうしようかな、、、」

と悩みますが、
悩んでも払えないものは払えないです。

なので、そのままにしています。

決していいことではありませんが、
借金を恐れることはないのです。

相手も人間です。
話せば何とかなります。

もちろん、闇金とかは例外ですが…

何が言いたいかといえば、
支払いの件で焦るなということです。

期日のために無理を押して
親戚から借金をしてでも支払う
とかは止めた方がいいです。

最終的には親戚との仲がおかしくなります。

なので、止めた方がいいです。

普通に考えればわかると思いますが、
金融業者のために親戚との関係がおかしくなるのは
タブーではありませんか?

あくまでも金融業者と戦った方がいいです。

身内は巻き込まない方がいいです。


世の中、金、金、金で、
切羽詰まった支払いのためには
親兄弟、親戚も関係なくなりがちですが、
冷静に考えてみてください。

業者の支払いのために親兄弟、親戚の
仲がおかしくなっていいですか?

いいわけがありません。

それが借金に追われていると、
何が正解かということが
わからなくなってしまいます。

ここが言いたいのです。


posted by 金無蔵 at 04:49| Comment(2) | 借金問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする